いぼを治療する│いぼの種類と原因をしろう

女の人
  1. ホーム
  2. 抗がん剤を用いたいぼ治療

抗がん剤を用いたいぼ治療

女の人

レーザー治療や液体窒素治療が一般的ないぼの治療ですが、最近では抗がん剤を使った局所注射といった方法もあります。抗がん剤にもたくさんの種類がありますが、その中の「ブレオマイシン」という抗がん剤を用いて、いぼのウイルスを死滅させるという治療方法になります。異常な細胞増殖が特徴的ながん細胞ですが、その理由は核となっているDNAが素早いスピードで複製されていくためです。いぼの原因ウイルスもDNAウイルスとなるため、皮膚がんと同様に「ブレオマイシン」が効果的なのです。局所麻酔を使用してからの治療になるため施術時の痛みがほとんど無く、注射なので手術痕が残らないというのが大きなメリットです。レーザーや液体窒素のように1箇所ずつやっていくのではなく、1度に多数のいぼを施術することが出来る点も魅力です。デメリットとしては、レーザー治療と同様に保険適応外の治療となるため、医療費が全額自己負担となって液体窒素治療と比べて高額になってしまいます。また、1回で完治する確率は40%と言われていて、改善しない場合は2回、3回と注射をしていく必要があります。なお、いぼが根深い場合はレーザーより効果を発揮することができない場合もあるので注意しましょう。抗がん剤を使った局所注射での治療は、いぼ治療の中でも難治性のいぼに効果が期待できます。治療で出血することもなく、治療したその日から日常生活に制限をかけられることもないため、いぼ治療のなかでも一番気楽な治療方法と言えるでしょう。ただ、費用についてはレーザー治療よりも高くなってしまう場合が多いです。最終的にレーザー治療を選択する人が多いのは、期待値とコストのバランスが取れているからといえるでしょう。自身のいぼの状況によって効果も変わってきますので、まずは医師と相談して治療方法を決めていくといいでしょう。

また、いぼを取るだけというのであれば民間療法を使うという手もあります。例えば民間治療の中に、髪の毛を使っていぼを取るというものがあります。方法としては髪の毛をいぼに縛り付け、暫く放置することでいぼが壊死していきます。どんどん壊死していくといぼがしぼんでいき、数日でいぼが取れるといった方法があります。ただ確実ではないので、あくまで取れることもあるという認識でいましょう。他にも時間がかかる方法で、木酢液を使うという方法があります。木酢液とは木材を乾留したときにできる副産物のことで、乾留液の上澄みを指します。主な用途としては、害虫の駆除に用いられています。この木酢液をコットンなどにとって、毎日患部に30分ほどあて続けます。30分ほど経過するといぼがふやけますので、これを日々続けていくことでいぼが消えます。最近ではいぼ用の木酢液というのも販売しています。こうした民間療法で改善するか試してみて、改善しない場合はレーザー治療などの施術に頼るといった方法もあります。ただ時間がかかってしまいますので、すぐにでも治療したいという人は素直に美容外科などで施術を受けた方がいいでしょう。