いぼを治療する│いぼの種類と原因をしろう

女の人
  1. ホーム
  2. いぼをレーザー治療する

いぼをレーザー治療する

ナース

ウイルス性のいぼは、身体の他の部分に感染してしまうこともあり、最悪の場合、他の人に感染させてしまうこともあるので早めの治療が必要です。市販のいぼ用化粧品でケアをすることで改善出来る場合もありますが、長期的に続けなくてはいけないという点から、やはり美容外科などでいぼを治療するといった人が増えてきています。
施設での治療で主に勧められる治療法として、レーザーでいぼを切除するという方法があります。レーザーの他には液体窒素でいぼを焼き切るという方法がありますが、綿棒に染み込ませた液体窒素を患部に押し当てて低温やけどを起こし、いぼを直接焼き切るという治療方法になります。保険で安くできるというメリットはありますが、治療中と治療後にかなり強い痛みがあります。また、1回でいぼを完全に除去できるわけではないため、完治していないいぼが再発してしまったり、身体の他の部位に広がってしまったりする可能性もあります。そのため、痛みが少ないという点と確実性からレーザー治療による切除を選択する人が多いです。レーザーによる治療は保険の適応外となってしまいますが、局所麻酔を施してから処置をするために痛みはほとんどありません。レーザーをいぼの患部に当てて、いぼ全体を除去していきます。レーザーの熱で切れた血管もすぐに固まってしまうために、ほとんど出血もないのでいぼ治療でも手軽だと人気があります。他にも大きなメリットとして、短期間で治療が終わるという点があります。液体窒素の場合だと完全に除去するまでに複数回通院を必要とすることがありますが、レーザー治療の場合、殆どの症状は1回の治療でいぼ全体を取り除くことができます。もう一つの長所としては、治療痕が残りにくいという点も魅力的です。特に顔や首、手などの人目につくところは痕が残ってしまうと目立ってしまいがちです。液体窒素治療では色素沈着が起こってシミのように治療痕が残ってしまう場合もありますが、レーザー治療では治療痕は改善します。
しかしながら、メリットばかりに思えるレーザー治療にもやはりデメリットというものは存在してしまいます。上記で挙げた通り保険適用外の治療となるため、治療した店舗によって値段も高額になることがあります。治療を受ける際には、最終的な金額までしっかり確認した上で検討するようにするといいでしょう。また、ほとんどの場合1回で処理することができるとはいえ、決して再発をしないわけではありません。患部がうまく切除されていない場合は、やはり再発してしまうこともあるので注意が必要です。こうした事態を避けるためには、医療実績がしっかりしている店舗を選ぶようにしましょう。大まかなレーザー治療の流れとしては、まず医師とカウンセリングを行う必要があります。治療計画を立ててもらい、料金面などで納得がいけば治療の開始となります。いぼ治療は所要時間が長い施術ではないため、カウンセリングをしたその日で施術を行ってくれる場合もあります。施術の際は切除の前に局所麻酔を使用します。小さいいぼの場合は注射ではなく、麻酔クリームで対応します。麻酔が効いてくるといよいよ切除となりますが、大きないぼでもない限り意外とあっさり終わってしまいます。治療後の皮膚は赤く窪みができたようになってしまいますが、数ヶ月では元通りになります。新しく皮膚が出来るまでの数週間は医療用テープや軟膏でアフターケアが必要となりますが、それ以外は特に必要ありません。ただ、色素沈着をふせぐために日焼け止めをしっかりと塗って紫外線対策は怠らないようにしましょう。