いぼを治療する│いぼの種類と原因をしろう

女の人
  1. ホーム
  2. 老人性いぼの原因と対処方法

老人性いぼの原因と対処方法

カウンセリング

紫外線によってできてしまう老人性いぼですが、皮膚の老化減少としても同様にいぼができてしまいます。老人性いぼの直接的な原因は肌のシミであり、ターンオーバー(お肌の新陳代謝)によって皮膚表面に押し上げられ、排出されるはずだったシミが代謝の悪化によって残ってしまうとシミになってしまいます。シミはやがていぼとなってしまいます。紫外線というのはもともと皮膚を老化(光老化)させてしまうため、浴びすぎることがないように日頃から気をつける必要があります。60代になると80%もの多くの人にでき、80代ではほぼ100%もの人に症状が見られます。炎天下での仕事や日常生活を外で過ごして紫外線をたくさん浴びてきた人は40~50代からできはじめることもあります。対処方法としてはまず、発見したらなるべく早い段階から治療を行う必要があるというところです。治療のためには、老人性いぼを扱う病院は美容皮膚科などに相談することが一番です。しかしながら、病院での治療に苦手意識を持っている人なども居ます。まずは老人性いぼをケアするための医薬品を試してみるといった方法があります。試してみても効果が上がらない場合などに初めてクリニックを利用するという方法でも決して遅くはありません。市販のものでは、オイルタイプのものやクリームタイプのものがあります。こうしたいぼ用の化粧品はドラッグストアでも扱っているので比較的に簡単に入手することができます。日常的にケアすることによってお肌の状態が良くなり、いぼが薄くなることや気にならなくなったという人もいます。自宅で簡単に化粧品を使ったケアが行えるという点は、病院での治療に一歩踏み出せない人、忙しくて病院へ通院する時間が無い人、またいぼの予防をしたい人に最適です。ただ、化粧品などは人によって効果があまり出ない場合もあるため、確実性を求めるのであればやはりクリニックなどで診察を受けて治療を検討したほうがいいでしょう。